ファン必見!春季キャンプは見どころ満載

プロ野球といえば、春から秋にかけて12球団による熱い戦いが繰り広げられることで知られています。
しかし、見どころはそれだけではありません。新しいシーズンに向けて練習が始まる「春季キャンプ」にも、ファン垂涎の魅力が満載なのです。

まず、キャンプではシーズン終了後にFAやトレードで新加入した選手の練習を目にすることができます。これまで敵だった選手がどんな活躍を見せてくれるのか、その練習を見ながら想像するのは非常に楽しいものです。

キャンプにはその年のドラフト上位で指名されたルーキーたちが姿を現すことも珍しくありません。
プロの練習の中で彼らがどんな動きを見せるか、1軍スタメンで活躍できる可能性はあるのか、指名は当たりだったのか、いろいろなことが見て取れます。2018年度でいえば、広島東洋カープにドラフト1位指名された小園選手が1軍キャンプの前半戦に帯同し、高卒とは思えぬすばらしい才能を見せて後半のキャンプ参加も認められました。
3連覇中のセ・リーグ覇者の猛者たちの中において、「まさか高卒ルーキーが開幕1軍に名を連ねるか⁉」とファンをワクワクさせています。

球場

さらに、キャンプでは選手とファンの距離が近い点も魅力です。練習はファンに公開されており、普段は見ることのできない打撃や守備練習、トレーニングの様子などを近くで満喫できます。

サインをもらったり握手したりするチャンスも多く、選手にもシーズン中のピリピリ感がないため楽しく接してくれる可能性が高いです。

このように、シーズン以外でもお気に入りの選手、チームの様子を間近で楽しめるキャンプは意外な見どころといえるでしょう。