プロ野球選手は不安定な職業です

プロ野球選手は不安定な職業

グローブ

プロ野球選手というと、全体の職業の中でも平均年棒で言えばかなり上位に食い込みますし、一ファンとして観戦していて華のある職業だな、と思う方も少なくありません。実際、プロ野球で1軍でレギュラーをとれるような選手はかなり稼いでいおり、これは疑いようのない事実です。小さい子供たちがあこがれを持って見る事は当然ともいえます。

しかし、プロ野球という世界で成功する選手はごくわずかで、不安定な世界であるという事も事実です。プロ野球は1軍だけでなく2軍も存在し、更に育成枠という所も存在します。これは将来1軍で活躍してほしい選手を育てるために存在しているのですが、毎年ドラフトで多くの若い選手が入団会見などで脚光を浴びています。その一方で多くの選手がプロ野球の世界から毎年去っている事も事実です。夢の舞台であるプロ野球の世界に飛び込んで、何年も頑張ったにも関わらず一度も1軍デビューする事無く引退する選手も数多く存在しています。それ以前に、そもそもプロ野球の世界に飛びこむことが出来る人も野球人口の中でほんの一握りしか存在していません。

1軍で頑張ってプレーし続けても、結果を残せなければ容赦なく年棒を下げられたり、2軍に落とされたり、契約をしてもらえない場合もあります。しかし、その代わりに結果を残せば脚光を浴びますし、年棒も相当な額をもらうことが出来ます。結果が全ての世界ですので、結果を残すかどうかで大きく変わってきます。

プロ野球で成功する人は少なく、大変不安定な職業ではありますが、そういった苦難を乗り越えてプレーしているのが選手ですので、そういった面を楽しみつつ野球を観戦する事で、より野球の魅力を味わうことが出来るのです。

グローブ