プロ野球 成功する外国人選手が持っているもの

プロ野球のシーズン中となれば贔屓球団の勝敗に一喜一憂しているファンの方も多いでしょう。そして、その勝敗に大きく関わることが多いのが、外国人選手の存在です。

毎シーズン新しい外国人選手獲得のニュースが入り、シーズンインまでは景気の良い話題が続く選手が数多くいます。ところが、シーズンに入った途端にサッパリ、などという話も珍しくありません。その逆に、オープン戦までは全く目立たなかった選手がシーズンに入って大活躍するケースもあります。

日本で成功する選手は、何を持っているのでしょうか。

バッターボックス

外国人選手といえば、並外れたパワーを活かして活躍した野手も数多くいます。しかし、パワーがあれば必ず成功するのかと言えば、そうではないでしょう。「全く活躍しなかったあの選手は並外れたパワーが持ち味と聞いてはいたが、たった一本打ったホームランの飛距離だけは確かに凄かった」などという逸話は、各球団に一つはあるのではないでしょうか。

投手でいえば、活躍している選手はストレートの速さで勝負する投手が多い印象があります。しかし、速いストレートを持っていれば必ず活躍出来るのかと言えば、そうでもありません。球審の判定やランナーの動きにイライラしてしまう投手や、セットポジションなどの技術が無い投手など、日本の細かな技術の前に屈してしまう姿も多く目にします。

そこで重要になってくるのは、日本の野球に順応出来る「適応力」です。メジャーリーグなどと違い、日本の野球は細かなプレーが必要だと言われます。それと共通した所で、打者に対してもバッテリーは細かなリードと制球力を駆使して攻めてきます。投手も打者も、その「日本の野球」に適応出来る力が必要なのです。

では最後に、その「適応力」とは具体的に何なのでしょうか。それは、周囲の選手やコーチ・監督の助言や指導を聞き入れる「真面目さ」と「謙虚さ」。突き詰めると、成功する外国人選手が持っている要素はこの二つの言葉に行き着きます。

これから熱くなるペナントレース、贔屓球団の勝ち負けだけでなく、外国人選手の活躍に目を向けてみるのも面白いのではないでしょうか。